Enoshima Baby!!
MENU TOP STORY CD RADIO INFO SPECIAL


■ web連載小説 江ノ島ベイビィ● 第3回

前のページ Page [ 12345 ]


 ボクはまた砂浜に降りて行っていた。
 舗装された道から砂に降りると、踏めば逃げる足場が、いかに歩きにくいかが良く分かる。
「ども、お疲れさまっス」
 金髪の人をねぎらうと、彼女は息をついていた中腰から、ボクの方へと顔を向けた。
「いやいや……」
 大きくため息をついて、彼女は苦笑いを浮かべる。近くで見ると、少なくても二十は超えてるなと分かった。
 犬のタマがボクの顔を見上げていた。荒い息が聞こえた。頭を撫でてみる。しっぽの振り幅が大きくなる。それが可愛いくてもっと撫でる。しっぽの振り方に腰が入っている。
「ええと……どちらさま?」
 金髪の人が、キミ女に向けて訊いた。キミ女は、数秒の間、無言でボクを見て、
「ボク女」
 と、言った。

続く…


次回予告

「ハイ、みささん登場です! タマちゃんは、あたしも大好きです、ハイ。でもなんでタマなんだろう……犬なのに……ゴールデンレトリバーなのに……」

<< 続きの話を読む >>



前のページ Page [ 12345 ]



- Copyright © 2006 Arpeggio All Rights Reserved. -